ひらがなタブレット学習の罠!!

未分類

こんにちわ。けんさきと申します。

突然ですがみなさんが子どもの時代はひらがなはどうやって練習していましたか?

私はたぶん小学校になるまで対して書けませんでした。

まあ本来ひらがなは小学生で習うものなのでそれで構わないと思いますが…。

ところが最近は最低自分の名前は書けるようになっておかないといけないみたいですね。

となると幼児期にやっておかないといけないことが字の練習。年長あたりで字に興味を持って取り組みますよね。早い子だと3歳くらいから勉強させられている子も。

そんな子どもたちは現代っ子、今はひらがなの練習はタブレット化しつつあるんですってね。

今日はそんなタブレットでのひらがな練習の落とし穴についてお話しします。

筆圧がわからない

筆圧というのは書く時の力の入れようのことです。

普段ペン、特に鉛筆などを使うときに濃く書こうとしたり薄く書こうとしたら手の力を調節しますよね。ところがタブレットはなぞるだけ。ペンを持って力を入れられない子どもでもすんなり書けてしまう。

それが悪いこととは言いませんが、やはり紙媒体になってくると困ってきます。

残念ながら小学校ではまだまだ手書きノートの世界なので進学して字が汚くてイライラしてしまう現代っ子が目に浮かびます。せっかく小学校で困らないためにとお家で始めたひらがな学習。

ひらがな覚えてこれで安心、かと思いきや思わぬところで苦戦するわけです。

ではなぜ筆圧が身につかないのか、そしてどうやったら身についていくのかお話しします。

そもそも段階を踏んでない

ひらがなを書けるようになるまでの過程を簡単に説明すると、

  • クレパスなど掴みやすいものでぐしゃぐしゃ書く(筆圧)
  • クレパスなど掴みやすいもので形を描く(手首の強化)
  • 鉛筆(濃いめ)などを使って色塗りや簡単な迷路などする(鉛筆での筆圧、扱い方)
  • 鉛筆でひらがなの練習

まずひらがな!というわけにはいかないのです。

筆圧や手首の硬さをとるにはこのように幼い頃から書くことを親しみ扱えるようになっていかなければなりません。

タブレットで書かせてもこれは身につかないんですよね(もしかしたらさらに発達すれば対応したタブレットが現れるかも)。残念ながら現在はないように思います。

そして段階を踏んで書くことが楽しくなった頃に、ひらがなに興味を持ち始めて書くようになる。最高の流れです。

もちろん、ひらがなが書きたいと(子どもが)思った時がひらがな学習が始まるタイミングですのでその時は書きやすいよう配慮してあげましょう。

子どもが解体タイミングって重要ですよ!

熱心な教育ママやパパは勘違いしていろんなことをさせていますが、

間違いとは言い切りません。ですが子どもの気持ちを置いてけぼりな方や、うちの子もやりたいと思っている!という都合の良い解釈してしまわないようにしてくださいね。

子どもは意欲の塊ですので、いろんなものを見せてあげれば必ず興味を持ちます。

ひらがなだって絶対に書いてみたい!と思うタイミングが来るはずです。

小学生になったら書かないと困る。だから今のうちに。気持ちはよくわかりますが焦りは禁物です。

タブレットなどの必要な教材を買い与えて満足せず、その子の興味を深めたり広げたりできるようにしていきましょうね。

それでは今回はこれでおしまいです。さようならーー!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました