子供が始めるプログラミング「スクラッチ」

次世代の習い事

こんにちは、けんさきです。
2020年から小学校でもプログラミングの授業が必修化となっており
子どものプログラミング学習にはどのような教材を使うのか
気になっている親御さんは多いのではないでしょうか?

子どもでも楽しみながらプログラミングを学習することができる教材はたくさんありますが、
その中でも注目を集めているのが「Scratch(スクラッチ)」というものです。

そこで今回は、小学生のプログラミング学習に最適だと言われている
Scratch(スクラッチ)の特徴と魅力について見ていきますね!

Scratch(スクラッチ)の特徴と魅力

では、Scratch(スクラッチ)はそもそもどのような特徴のある
プログラミング学習ツールなのでしょうか?

さまざまな機能がついている

Scratch(スクラッチ)ではプログラミングを学習するための
さまざまなコンテンツが用意されています。

主に行うこととして、音楽や簡単なゲーム作りがあります。

自分でリズムやテンポを設定して音を鳴らすことによって音楽を作ることができますし、
アニメーションを構築してゲームを作ることもできます。

それだけではなく、ロボットを動かしたり模型を作ってそれに動作をつけることもできるので、
子ども達は遊び感覚で楽しむことができます。

あまり勉強しているという感覚がない上により高性能な機能を使うことができるので、
小学校低学年の子から高学年の子まで多くの年代に合わせて利用することが
できる
点が大きな魅力ですね!

日本語に対応していて動作が簡単

プログラミング学習を行う上で心配なこととして、「複雑な仕組み」は困りますよね。

実際にプログラミング学習を行う大人もふえてきていますが、
その中でも挫折してしまう方は多くいます。

しかし、Scratch(スクラッチ)は子どもでも楽しみながらプログラミングの勉強を
行うことができるように、より簡単なビジュアルや仕組みとなっています。

またScratch(スクラッチ)は150以上の国や地域で利用されている教材なので、
多くの言語に対応
しています。

実際にプログラミングによって行うことのできる動作が日本語で記載されていますし、
ひらがな表記
もあります。

そこに書かれている指示を見てブロックを組み合わせるだけでプログラミングのような動きを
実現することができるようになっているため、勉強しているという感覚を味わうことなく
ゲーム感覚で遊ぶことができるのです。

マウスの操作で可能

Scratch(スクラッチ)では、マウスで操作を行うことができます。

小さな子供の場合、まだパソコンの操作にあまり慣れていないため、
キーボードでの操作が難しいですよね。

しかし、Scratch(スクラッチ)の場合はマウスでの操作が可能となっているので、
子どもでも直感的に動かすことができます。そのため、操作が簡単で覚えやすいでしょう。

まさにゲーム感覚で学べます!

インターネットのブラウザ上で行える

Scratch(スクラッチ)は専用のソフトではなく、
インターネットのブラウザで動かすことができる
プログラミング教材となっています。

通常、プログラミングを始める際には専用のエディタや環境を自分で準備しなければいけません

この時点で難しいと感じますし、実際に挫折してしまうという方も多くいます。

その点、Scratch(スクラッチ)はパソコンとインターネット回線があれば
誰でも気軽に利用することができる
点も大きな魅力ですね。

会員登録さえ行えばすぐに始めることができるため、
やりたいと思った時にすぐ始めることができます

無料で勉強することができる

Scratch(スクラッチ)はとても高い機能がついたプログラミング教材ですが、
すべて無料で利用することができるようになっています。

小学生向けのプログラミングの教材はたくさんありますが、
高性能のものは高額な価格設定となっているものも多く、
購入するのが負担と感じる方も多いでしょう。

また、子どもはすぐに飽きてしまうという可能性もあるため、
いきなり高額なプログラミング教材を購入するのはリスクが高いと言えます。

そのため、Scratch(スクラッチ)を無料で使えるという点は大きなメリットですね。

Scratch(スクラッチ)で学ぼう

ここまで説明したスクラッチ。

無料で学べることであったり、ゲーム感覚で取り組めることを挙げてきました。

そうして学んでいく中で子どもたちはどうなっていくんでしょうか。

もし楽しみながらScratch(スクラッチ)取り組む事が出来たら、
よりレベルの高いプログラミングへの興味に繋がると考えられます。

また、もしそこからプログラミングに繋がらなかったとしても学んできた中で培われるであろう
「論理的思考力」は子どもにとってとても大事な見えない資産になります。

「論理的思考力」とは文字どおり物事を論理的に考える力ですのでどこに行っても大事な力と考えられます。

ただ、こうした能力の獲得は独学では保護者のサポートも必要で難しいように感じます。
私としてはスクールに通うなど人から学ぶことが近道だと思いました。

まとめ

いかがでしたか?Scratch(スクラッチ)は150以上もの地域で
利用されているプログラミング教材です。

子どもでも楽しめるようにさまざまな機能が用意されていますし、
マウスを使ってより簡単に操作をすることができるので、魅力的だと言われています。

また、インターネット上で利用することができる上に料金も無料となっているので、
手軽に使うことができるでしょう。

現在、小学生向けのプログラミング教材を探している方で、より早く高性能なツール
を使いたいと考えている方はScratch(スクラッチ)を検討してみてはいかがでしょうか?

最後に、そんなScratch(スクラッチ)を利用しているプログラミングスクールを紹介します。

英語Xロボット教室「ロッボクラブ」

と言います。このスクールは「Scratch(スクラッチ)」
を利用したプログラミングを学べるだけでなく

小学生に必要な学ぶ意欲や興味関心を育てることも得意としたスクールです。

やはり独学よりもスクールに通ったほうが成長しやすいですよ。
実際に私がスクールの体験に行った
記事もあるので是非読んでみてください。

次世代の習い事!「ロッボクラブ」体験してきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました