子育ての技 朝の支度編!

子育て

こんにちわ、けんさきです。今回はママパパが毎日大変な子育てが楽になる技を紹介していきます。

実は今回は参考文献もありまして

こちらあの有名なてぃ先生の書籍「子育てで困ったらやってみ」です。

そして子育てにおいてのゆとりは子どもたちとの関わりにも影響するので言い方ずくめなんですよ。

ということでてぃ先生の本を参考にしながらも私の言葉で「技」を伝えていきたいと思います。

1 着替え

「いやぁぁあ!!!着替えたくないー!」

いらすとやより転載

そんな朝、ありませんか?保育園に行く時間も迫っている何かと忙しい朝。子どもって本当に思い通りにいきませんよね。

安心してください、技があります。

1選んでもらう

自分の服を選ばせてあげましょう。もちろん完璧なコーディネートは難しいので例えばセットで三つくらい用意してそこから選んでもらうのがいいかなと思います。

もちろん、子どもに選んでもらったからには「えーでもこっちのが良くない?」なんて言わないようにしましょう。

選ぶ方法は他にもあります。

ママとかパパのコーディネートの手伝いです。

「ママの服一緒に選ぼうか、お着換え選手権よ!!!」なんて

人の服選ぶの楽しいですよね?「○○の服着てみたよー!」なんて、自分が選んだ服を相手が着てくれたら嬉しいし。

そしてなにより上がったモチベーションはそのまま自分の着替えに持っていってあげることでスムーズな着替えが望めるようです。

2 支度が遅い!!!

靴を履くのが長ーい。もうわざとやってんのか?ってくらいはけないことも。

そんな時はまずチェック。

靴が子どもに合っていますか?

もちろん、サイズはもちろんのこと、自分で履けるような靴ですか?という話です。

靴っておしゃれなものが本当に多くて


MOONSTARの子ども靴より転載

でも子どもが履きにくいもの多いですよね。

お勧めするのはこういう靴です

これらの靴は踵のところに輪っかがあって、とても引っ張りやすいんですよね。

そして地べたではなく子どもサイズの台があるとなおよしです。

座った体制で靴を履くことによって力が入れやすいんですよね。

大人の方も一度やってみるとわかりやすいと思います。

ちなみに靴を脱いだら揃えるのもほんの工夫でできるようになることもあります。大人は脱いだら靴を揃える、わかりきったことかもしれませんが

子どもからすると「え?どこに、どうやってどんなふうに?」

なんてものです。ですので例えばマークをつけてあげて、そのマークに踵をきっちり合わせて並べるんだよ、と教えてあげるとわかりやすいかもしれません。

保育園でも実際に自分の靴をしまうマークが貼ってあったりします。

注意点としましては、はやくならないことも多いです。

実は靴や靴下、衣服の着脱などは技を使ったとしてもはやくならないことも多いです。

その理由としては子どもがまだまだ発達段階にあるからです。

よく子どもの器用さは手袋二枚重ねした時くらいっていいませんか?それくらい不器用なので適切な環境が揃っていたとしてもそれでようやく頑張って準備できる、なんてものです。

なので「ふざけてるの?この子」なんて思った時はこの話を思い出し、

そして目の前の子どもの表情を見てみてください。真剣な眼差し、しています。

つまり朝の用意は大人にとってゆとりを持たすんではなく、子どもにとってゆとりある時間の調節が必要になってきます。ここはママもパパも頑張りどころですよ。

大丈夫、子どもは必ず答えてくれます。

・おわりに

技、と言っても大層なものではなかったでしょう?これらの考えの中にあるのは子どもを知りたいなという思い

そして楽しんで出来る様に環境を整えることです。

けど、子育てに完璧は禁物です。失敗することだってあります。技だってうまくいかない時だって必ずあります。

それさえも面白がれる大人を目指していきましょうね。

次回は片付けの技に行きたいと思います。

また会いましょう!!!

このブログでは次世代の習い事として習い事も紹介しています。

興味のある方は次世代の習い事!「ロッボクラブ」体験してきました。

ものぞいてみてくださいね。

じゃ、またね!



コメント

タイトルとURLをコピーしました