子育てをする前にしておきたい心構え【母親編】

子育て

こんにちは、けんさきです。

保育士をやる傍ら、少しでも子育てに取り組む親、そして保育士の力になれればという思いから
毎日ブログを書いています。

今回は子育てをする前にしておきたい心構え【母親編】です。

堅苦しそうなタイトルですがそんなことはない内容ですので
ぜひ最後まで読んでくださいね。

ちなみに父親と母親を分けたのはやはりまだまだ子育ての認識の違いがある
と思ったからです。

男性保育士でさえ我が子が生まれても育休を取る方は少ないんではないでしょうか。

とにかく本文行きますね!

母親はすごくないし偉くもない

まず母親はすごくないし偉くもないと言う内容です。

子どもが生まれたその日から、いや妊娠したその日から
あなたは母親と呼ばれる人になります。

それまで妻だったり嫁だったり新婚の○○さんだったりしたのに。

そして出産を終えて命を生み出し
「この子を育てるんだ、この子を私が守るんだ」

そんな風に思うでしょう。

しかしそんなことを思うあなたは初めての子育て。
母親は子どものために立派な親であろうとするかもしれませんが
そもそもうまくいくはずないんです。

仕事で例えると簡単ですね。

昨日まで大学生だったあなたが今日から新卒のOLとして働き始めるんです。
普通なら上司がいて、仕事を教えてもらい、仕事を覚え、
失敗しつつ少しづつ出来ることが増えていくんですよね。

ところが子育てになると上司がいないように感じるし、
仕事は自分で見つけて覚えないといけないし
出来て当然、失敗なんてできないように感じるし
同僚(夫)はなんだか頼りないし

おそらく孤独を感じますね。

でもね、そんなことないんですよ。

上司はあなたの親です。保育園の先生です。私です

住んでいる市には絶対子育て支援があります。そこにも上司はいます。
あなたは一人ではありません。
繋がりましょう、探しましょう。

そしてそうやって探していくことで同僚も見つけることが出来ます。
仕事(子育てですがあえて仕事と言っています)は一人でするものでは
ありません。

もちろん任されたプロジェクト(子育て)ですから責任はあります。
しかしだからこそ一人で取り組んではいけません。

たくさんの人を巻き込みみんなで取り組んでこそ
そのプロジェクト(子育て)は大成功
するんです。

そして勘違いしてはいけないのは
あなたは新卒のペーペーで社会経験がない右も左も分からない
初々しい若手です。年齢なんて関係ありません。

なのですごくある必要はないし、偉くなったわけでもありません。
安心して一緒にみんなで子育てをしていきましょう

親戚の集まりのイラスト

上司や先輩も大してすごくない

次は上司や先輩も大してすごくないということです。

たまに

親「子どもはこうしとったらええねん、あんたもこれで育ってきた」とか

3児の母「うちは3人いるけどもう子育てなれたわ。末っ子はやりやすくて楽。
    あなたも困ったことあったら何でも言ってね」とか

子育てを分かり切ったようなことをいう人がいます。

周りにもいませんか?そして思うんです。
「先輩が言うんだから言うことを聞いておかないといけないのかな」

と。ちなみに子育てをプロジェクトと例えるなら
親はあなたとせいぜい兄弟しか育ててないし
先輩も自分の子しか育てていません。

仕事でもプロジェクトをいくつも来ないした先輩の言う事なら
一理ありそうですが実は世の中の育児経験者なんて
新卒に毛が生えた程度の経験しかないんです

20歳の息子娘がいても同じですよ。
その方たちも0歳児の育児は一度しかしていないし
4歳児の頃も一度きりの経験です。

そんな方たちの手助けはとても助かりますが
何でもかんでも鵜呑みにする必要はありません。

育児は大変難しいプロジェクトですので
周りの手助けは必要ですが
おせっかいや、経験のみの固定概念の押しつけは
無視して結構です。

親であれ、先輩お母さんであれ、仲間であっても
答えを知っている凄腕ではないことを忘れずにね。

私に何が出来るの

  • 保育は一人でするものじゃない
  • 仲間はいても凄腕はない
  • 子育てに答えはない

ここまででわかってきたけど・・・結局どうしたらいいの!

といいますと。

勉強してください。

ツイッターで情報を集めるのはお勧めしません。

子育て支援を知る

まず自分の住んでいる所がどんな子育て支援をしているか知りましょう。

  • 子育てに力を入れている所であれば保育量が二人目以降完全無料だったり
  • おむつが0歳児期無料だったり
  • 子育て広場など子どもが利用できる施設が無料だったり
  • ママ友がつながったり学べるコミュニティがあったり

結構いろんな制度があるんです。

それを知り、助けてもらう方法、楽をする方法を学んでください。

もちろん同僚(夫)もこき使って一緒にやるんですよ(笑)

勉強する

次にあなた自身が勉強してください。

不安が何からきているか知っていますか?

それは未知であることです。知らないということは
ひどく怖いものです。

子育てが難しいと思うのは目の前の子供がわからないからなんです。
だから少しでも手助けになるように知識を仕入れ
思考の幅を広げてください。

知識を仕入れることは我が子を知ること理解することも助けます。

たくさん悩んでください

最後にもう一つ。それは悩むということです。

反抗期の息子と母親のイラスト

我が子について悩んでください。たくさん。

悩むことはわるいことではありません。

知識を仕入れ、先輩のアドバイスを信じ
目をつむって子育てしないでください。

立ち止まり悩み、少し前に進む。時々こけるし
後に戻ることもある。

子育てに正解はないんです。あなたの子どもは
本に載っている子どもと違うのです。

だから知識を仕入れ、経験を重ね、そして最後には
しっかり悩んでいきましょう。

子ども研究所2では子育てをする親や保育士の力に少しでもなればと思い
毎日記事を書いています。

良ければ他の記事も読んでみてください。

じゃーまたねっ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました