小学校で必修化されたプログラミングとは何をするの?

次世代の習い事

こんにちは、けんさきです。

2020年から小学校でのプログラミング学習が必修となりましたね。

しかし、これまで学校でプログラミングの学習をすることがなかった親世代の方は
「子ども達はその時間でどんな勉強をするんだろう」と感じている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、小学校のプログラミング学習で何を学ぶのかについて詳しく見ていきましょう。

小学生のプログラミングとは?~学習の必修化の目的~

小学校の授業でプログラミングが必修化されると聞くと、
「全員がプログラマーになるわけじゃないのにどうして必修化されたの?」
と疑問に思う方もいるでしょう。

どうしてプログラミングが小学校の授業で必修化となったのか、その目的について調べてみました。

パソコンを使うスキルを身につける

プログラミングを行うためには、パソコンを自由に使えるようにならなければいけません。

これまではパソコンを利用する機会はあまりないという方も多かったのですが(私もそうです)
現在は情報化社会となっておりIT業界が凄まじいスピードで進化しているため、
どの仕事をするにしてもパソコンのスキルは必要となります。

実際保育士なんて一見関係なさそうな職の私でも園だよりやら子どもの記録など
どんどんパソコンでの作業になってきています。

そのため、パソコンのスキルを小学生の頃から身につけておくことによって、
社会に出て困らないスキルを学ぶという点も目的の1つとなっています。

論理的な思考を身につける

プログラミングを行う上では論理的な思考が必要となります。

論理的な思考が身についていると、
作業効率をよくしたり順序を立てて目的を達成することができるようになります。

このような力は社会に出て本当に役立つと言われています。

小学生の頃からプログラミングを学ぶことによって、
自然と論理的な思考を身につけることができるので、必修化となっています。

柔軟な考え方を身につける

パソコンが得意なんて頭がいい頭でっかちだ。
そんな風に思う方もいるかもしれません。

しかし意外と求められるのは柔軟性のようです。

プログラミングの技法は時代によって大きく変わってきており、
常に新しい情報を追いかけていないと思ったような形を作ることはできません。

そのため、小学校の時に覚えたコードがすべて大人になって使えるとは限らないようです。

しかし、プログラミングを行う中で、その時に合わせて臨機応変にどのような対応を
したらいいのかを考える力をつけることができるので、必要な学習だと言われています。

小学校で学ぶプログラミングの事例

では、小学校のプログラミングの授業ではどのような内容が行われているのでしょうか?

実際に行われた事例を元に、
小学校の授業で学ぶことができるプログラミング学習について見ていきましょう。

仕組みをプログラミングで表現する

実際に郵便局が手紙を郵送する仕組みを自分達で調べ、
これを実際に行うためにはどのようにしたらいいかを
プログラミングを使って表現するという内容があります。

え?どういうこと・・・なんて思いますよね。

なんとこれは小学校3年生に行われた授業で、
自分達で調べたことを試行錯誤して形にする
という力が求められています。

この授業の中では、Scratchという教材が使われており、
イラスト等を見ながら小学生でも理解しやすいような作りで
プログラミングを学習することが可能です。

この授業を通して、プログラミングに必要となる思考を学びながら、
郵便という社会の中で重要な部分の仕組みを学ぶことが期待されています。

適した組み合わせを探す

4年生のプログラミングの授業では、
4つの異なるブロックを組み合わせて47都道府県を探す
ということが行われています。

それぞれの都道府県の地名、気候、特産物などがバラバラに置かれており、
この中から共通のものを正しく選択することができれば、
都道府県を埋めることができるという授業です。

これもScratchというプログラミングツールを使って行われます。

この授業を行うことによって、試行錯誤して正しい回答を導き出す力をつけながら、
地理に対する理解を深めることができます。

ここまででわかるように一口にプログラミングと言っても
コードをひたすらカタカタやるというものではなく
他の教科も交えながら学んでいくスタイルのようですね。

行動と反応を連携して作る

もちろんプログラミングっぽい事もします。

プログラミングでは、
この行動が起こったらこのような反応が行われるというものを
コードで示していくという作業を行います。

その方法を学ぶための授業では、Viscuitというプログラミング教材を使います。

ある授業では自分達で卵の絵を書いてその卵をタッチすると
割れるというプログラムを作ることが目的となりました。

その割れた卵から何が出てくるのかは自分達で考えることができますし、
自由に楽しみながら自然とプログラミングを作成する行程を
学ぶことができる授業となっています。

まとめ

いかがでしたか?

小学校でプログラミングの授業が必修化されています。

その中ではプログラミングの技術を身につけることが目的ではなく、
プログラミングの仕組みを通して論理的な思考を身につけたり、
パソコンスキルを学ぶことが重視されています。

実際に行われている授業の中では、小学生が楽しみながらプログラミングに必要な思考を学べる
構図となっているので、誰でも身につけやすい授業となっていると言えます。

ここまで聞いても本当に子どもがついていけるか心配ですよね。

保育園児が小学生になる前に
習い事で算数や読み書きを習うのと一緒でプログラミングも習い事として存在しています。

もしよかったら次世代の習い事!「ロッボクラブ」体験してきました。

も読んでみてください。

この記事で登場したスクラッチを使用したレッスンもありますよ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました