手足口病って何?【保育園休まないといけないの!?】

子育て
スポンサーリンク

こんにちは、けんさきです。

保育士をする一方、子育てを頑張るママパパそして
保育士の仲間の力に少しでもなれればと思い発信しています。

今回は手足口病について書いていきたいと思います。

手足口病って厄介ですよね、なってしまうと子どもの可愛い顔などにも
症状が現れるし

保育園を休まなければいけないいったいいつまで休めばいいのか
誰が教えてくれるのかもわからない。

そんな皆さんの手助けに少しでもなれればと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

手足口病の症状

まずは症状について書いていきます。

文字通り手や足、そして口の中に水泡性の発疹が出る病気です。

大きさは2~3ミリ程度のもので

口の中、手のひら、足の底、足背
などに発疹が出ます。

三分の一ほどの方が熱も少し出ることがある病気で、

小さいお子さん、特に5歳以下の子どもが多くかかっているようです。
熱は高熱になることはほとんどなく
数日間で治る病気です。

稀に合併症なども起こしとても危険な場合もあるので
治ってからも経過をしっかり気にしていきましょう。

そしてかかりやすい時期は夏だそうです。

私の園でも手足口病がでてきています。

感染の仕方

では一体どのようにして手足口病はうつってしまうのでしょうか。

主な感染経路は

  • 飛沫感染
  • 接触感染
  • 糞口感染

があるようです。

そしてなぜ乳幼児が多くかかるのかと言いますと
子どもは大人よりも衛生観念がまだまだだからということが
大きそうです。

保育園で働いていますが子どもたちは
毎日たくさん遊んでとても可愛いです。

ですが冷静に見てみると

鼻が出て手で拭っていたり
鼻くそを食べたり
汚い手のまま友達に触ったり
よだれでべとべとにおもちゃをなめたり

いろんなことが園では起こっています。

改善できる点もあるかもしれませんが
集団生活を行うにあたってある程度の
汚さは仕方がないように思います。

そしてこれらが感染経路となって広がりやすいという
事になってしまっているようですね。

そしてまだ病気への免疫が大人よりも弱いという点でも
感染がしやすい原因の一つであるようです。

ではそんな手足口病になってしまった場合は
登園などどうなってしまうのでしょうか。

いつまで休まないといけないのか

保育園によって対応が様々なのかもしれませんが、
私の園そして私なりに調べた限りでは

発熱、下痢、だるさなどの症状や、口内の発疹のせいで
通常の食事がままならなかったり食欲がない場合は
休むのが良いとされています。

つまり
子どもが元気に遊べるようになったのなら行ってもいい

ということになります。

手足などの発疹が完全に治るまで控えなくてもいいようです。

私の園でも同じでしたが、こういった対応の園が多いんではないでしょうか。

なんにせよ子どもの体調をよく考えて登園を考えてあげましょうね。

ちなみに、一番確かな方法は
診てもらった病院の先生にあらかじめ登園可能な状態を聞いていたり、
その園のやり方を聞いてみたりすることです。

手足口病だけでなく、RSウイルスや溶連菌感染症など
保育園では様々な病気がつきものです。

そのたびにお仕事を休んで
自宅で保育をする必要が出てきますので
ママパパは本当に頑張っています。

社会が子どものために気持ちよく休める場所でありますように。

んじゃまたね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました