絵本の選び方【選ばない】

子育て
スポンサーリンク

こんにちは、けんさきです。

保育士として7年ほど働き、
子どもたちには毎日絵本を読んでいます。

子どもたちは絵本が大好きで、
そして読み聞かせてもらうことがさらに大好きです。

お気に入りの絵本は何度も何度も繰り返し読んでもらうことを
せがむんではないでしょうか。

絵本は静止画の中にたくさんの情報がつまっていて
見るたびに新しい発見や確認があるんですよ。

そんな絵本の大切さがわかる日々です。

保育士をしている私は、子どもにこの絵本を読んであげたいな
こういう本も見せてみたいなといろいろ思うわけですが

育児をしている方にとって、
絵本とは子どもの頃に読んでもらった遠い記憶だと思います。

そこで今回は絵本を自分で選ばなくてもいい方法をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

定期購読という手

世界の絵本が毎月届く【ワールドライブラリーパーソナル】

ここは絵本を定期的に配本してくれるところです。

1カ月に一冊なのでワクワクと楽しく待てますね。

たくさんの絵本を送ってもらうよりも
年齢に合わせて一冊毎月送ってもらう方が楽しいし
絵本を読むいい機会ではないでしょうか

絵本は何百冊も読む事だけが大切ではありません。

絵本は同じ絵本でも何度も読んでもらい
音と絵から言葉を学んだり
親子のコミュニケーションになったり
子どもにとっての確認作業だったりします。

一冊の絵本を大切に何度も読んであげる。
子どもにとってはそっちの方が大切だったりします。

保育園などを利用

保育園などの施設に通っている方は
月間絵本などありませんでしょうか。

それも一つの
選ばずに良質な絵本を
子どもに読んであげられる方法の一つ
です。

そしてこういった購読は
もっと買いたい人向けに

年齢別や興味別(自然が好き、昔話が好きなど)の定期絵本
があったりする
ので

保育園に聞いてみたり
購入元の会社に問い合わせてみると案外あります。

そして自分で選ばない利点としては
自分だと絶対に出会わない絵本に出会える
こと
ですね。

そうすることで子どもの新たな一面を見つけられるかもしれないし
いろんな絵本の世界に触れてみるのもいいかも
しれません。

すべての手間を省くなら

なんにせよ、
日々育児に忙しいママパパにとっては
絵本を精査したり
保育園で聞いて手続きしたり

そういった時間も惜しい方もいるでしょう。

その時間すら省くためには


ここで登録してみるのも一つの手かなと思います。

世界の絵本ていうのがいいですよね。

日本の絵本も素敵なものはたくさんありますが

「はらぺこあおむし」も
「三匹のヤギのがらがらどん」も

実は外国で作られた絵本ですからね。

素敵な絵本は世界に眠っています。

いざ世界の絵本を手に!

じゃあまたね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました