飲み込んじゃった!どうしたらいい?【誤飲。誤嚥】

子育て
スポンサーリンク

こんにちは、けんさきです。

保育士をしていると
誤飲
誤嚥

は結構敏感になります。

子育てをされているママパパも
気にされている事かと思います。

でも冷静な時は良いけど
いざ飲み込んじゃったときって本当に焦りますよね

背中叩けばいいの?
叩かないほうが良いの?
うんちで出てくるの?
救急車呼んだほうが良いの?など

なら今少し考えてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

誤飲・誤嚥とは

まずこの二つの言葉の違いは何でしょうか。

誤飲

まず誤飲は(ごいん)と読みます

文字通り謝って飲み込んでしまう事を言います。

本来は飲み込まないもの(異物)を間違えて飲んでしまう事ですね。

小さい子は口に入れて物を確認したり知ろうとするので
誤飲の危険性も小さい頃は高い
ですね。

誤飲の危険性

誤飲の危険性は飲み込んでしまったものによって変わってきます。

特に事故として多いのは「タバコ」だそうです。

このたばこ、本当に危険で体内に入ることで
ニコチン中毒
になりかねません。

また、水を飲ませて薄めよう、
吐かせようなどの考えも
水がニコチンの吸収を助けてしまうようなので
安易に対処せず

誤飲が確認されたときはすぐに受診しましょう。

他に多いのが医薬品(いわゆるお薬)だったり
プラスチック製品だそうです。
そのほかにも電池や磁石などの金属もあります。

モノによっては吐くことで胃や食道や肺などを傷つける可能性があったり
放置すると胃酸と金属腐敗により潰瘍のようになってしまう事
もあります。

なので一番の対処法としてはすぐにかかりつけの医者や
近くでやっている小児科に相談すること
をおすすめします。

私や周りの人など素人判断で「大丈夫だろう」というのは
一番危険です。

誤嚥とは

誤飲と誤嚥(ごえん)、言葉は似ていますがどう違うのか。

誤飲は間違えて異物を体内に取り込んでしまう事でした。

誤嚥は飲食物や唾液などが気道(気管)に入ってしまう事を言うそうです。

いわゆるむせる行為を医療的に言うと
誤嚥となるんですね。

この説明を聞く感じ、むせて咳が出るだけで大したこと
なさそうに思えるかもしれませんが

誤嚥による事故はたくさん起きています
しかも大人でも。

そう。お餅です。あれも誤嚥と言います。

では子どもにはどんな危険があるのか考えてみましょう。

誤嚥の危険性

子どもの口に入るものは誤嚥や窒息の
危険性を秘めています

気道の太さがそもそも
幼児であっても0.7センチ

くらいかそれより小さいからです。

しかし口は直径4センチくらいかと思います。

なので十分咀嚼できない赤ちゃんや
なんでも口に入れてしまう
など

そういったことが原因で誤嚥は起こりやすいです。

そして誤嚥の恐ろしさは窒息です。

むせて詰まったものが飛び出てきたり、
ちょっと息苦しくなる程度ならいいんですが

気道を完全に防いでしまうと当然息が出来なくなります。
そしてむせても何をしても出てこず満足に呼吸が出来ない時間が続いてしまうと
最悪窒息する場合
が出てくるんですね。

誤嚥の原因

そんな恐ろしい誤嚥。

どんなものがあるかと言いますと

多いのは
子どもの小さい玩具(なんでも口に入れてしまうため
何かの拍子で飲んでしまうからだと思います。)

飴玉やピーナッツ、コインやボタンなどです。
(丸いものは引っ掛かりが少なく飲み込みやすいからでしょう)

これらがすべてと言いませんが、多いのはここら辺です。
実際に保育園などでは乳児のお部屋には誤嚥の恐れがありそうな
物を避けたり

玩具も小さすぎるものを使わなかったりします。

また食事等もミニトマトが半分に切られていたり
形も工夫されています。

子どもは本当に思っている以上に
口に異物を取り入れていることがあるので
今一度環境を見直してみるのもいいかもしれませんね。

誤嚥をしたらどうしたらいい?

誤嚥は子どもがした場合

  • 喉をおさえる
  • 声が出なくなる
  • 呼吸が苦しい
  • 顔色の悪化

などが起こるようです。

もしこのような場合は躊躇せずすぐに
救急車を呼ぶことをおすすめします。

本当に窒息の場合は一刻を争う事態だからです。

そして呼んだ後も応急処置があります。

https://xn--gov-online-hj3qx247c.go.jp/useful/article/201809/2.html

こちらにて詳しく載っているので是非読んでくださいね。

簡単に考えない

最後になりますが、誤飲・誤嚥があった場合は簡単に考えず、
最低限お子さんの様子を見守り状況の変化にすぐ対応できるよう
にしておきましょうね。

誤飲・誤嚥させる親は失格とかそんなことはありません。
どの家庭でも、保育園でも起こりうる事故です。

ですので簡単に考えず、起こってしまった場合は
慎重な判断をして下さいね。

じゃあまたね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました